心臓病治療なら新横浜ハートクリニック

循環器内科/心臓血管外科
心臓リハビリテーション科

【診療時間】AM    9:30-13:00(~12:30受付)PM 14:30-18:30(~18:00受付)

予約優先

tel:045-717-5126

Dr.ナブチの「題汨羅江」

緊急速報メール

今日の患者さんもバイパス手術だ。

手術が始まる。

手術室の全員が緊張する瞬間、緊急地震速報メールのけたたましいアラームが鳴り響いた。

「いよいよか!」

コロナ禍に大地震。日本壊滅の時が来た。

あきらめるしかない。この世がどんなふうに終わるのか、見届けてやろう!

思わず、

「天の怒りか地の声か そもただならぬ響あり 民永劫の眠りより 醒めよ日本の・・・」

と歌のフレーズが湧いてきた。

すると麻酔科の女医さんが

「メールは黒岩知事から外出禁止の要請だそうです・・・」

コロナ禍で各知事が相当にバカなのは国民全員がよく理解した。

もちろん「将来の首相」候補の北海道の鈴木知事や中央政権の愚政にくみしない愛媛県知事などホネのある傑物もいる。

知事がバカなのは側近がアホなのだろう。

「知事、知事、知事、パチンコ店の開店の瞬間に緊急速報メールを流すなんてどうですか。きっと県民は知事の指導力に感服しますよ!」

などと揉み手で進言するアホ役人がいたのだろう。

そんな奴は今ごろやはり知事の傍らで、

「いやー、知事、あれ評判良かったですよ!県民は皆、大絶賛です!次の選挙も勝てますよ!」

などとありもしな状況を報告しているのだろう。

こんなことに緊急速報メールを安易に使わないで欲しい。拙慮猖獗侮社稷棄民!

こんなことに使うなら、カジノが開業する瞬間も、神奈川県全域に「緊急事態速報メール」を流してほしいものだ。

「ああ、いよいよか、住みやすかった神奈川県もおしまいか。北海道か沖縄に移住しようかな?」

と決断する人もいるだろうから。

叙勲

叙勲の発表がありました。
今この時に、しっかりと発表する役人様たちの素晴らしい感性を賞賛せずには いられません。
コロナ禍で家に居ることが多くなった皆さん、考える時間、片付ける時間、自 分の中で日頃から「これはおかしい」「こんなのでたらめだ」と思っているこ とを再確認する時間、を過ごしておられると思います。
この時期に聞いたこともないけどおそらくすごく頑張って人生の職務を全うし たのだろうけど、あまり世間の人は知らない、そして主に公立機関で永らく勤 務されてきた人、が叙勲ということなのでしょうが、
「これっていわゆる上級国民のリスト?」
「この社会にはしっかりと格差があることを徹底的に庶民に植え付ける政策な んだろうなぁ」
いわゆる社会の上部構造(自分では何の生産手段のないくせに、実際にモノを 造って社会を支える実在的基盤の庶民を支配するだけの、不耕貪食の輩)の人 たちです。女性はまずいません。上部構造同氏が褒めあう、哀れな「行事」に 思えます。
本日の朝日新聞(最近、朝日新聞が来なかったり一日遅れだったり、いつか明 日の朝日新聞が届けられないか毎日ワクワクしています)には昨年の東大の入 学式での上野千鶴子さんのお話が載っていました。
要旨は「皆さんが東大生という特権を得られたのは皆さんの努力だけではあり ません」
私自身も今の立場があるのは自分だけの力ではありません。たまたまです。普 通にやっていただけです。そしたらいつもまには、まあまあ一人前の仕事人に なれた、ということでしかありません。それは10年ほど前、沖縄県立中部病院 の若い先生にそんなことを言われたことがあります。
「センセイ、たまたまでしょ」
こいつは若いのにすごい奴だ!と思いました。その「たまたま」に大きな価値 を与えてくれるのはこの社会なのです。
何でもない、普通の人がこれまで一生懸命生きてきた。そういうのを政府は検 証すべきです。
役人の言うことを何でもホイホイきく迎合御用学者や権力の走狗の裁判官ばか りに勲章をあげているとしたら、この社会は実に愚かな社会と言えます。

岡江久美子さん

岡江久美子さんの突然の出来事には本当に驚きました。

昨日患者さんから教えてもらい、言葉を失いました。

私の診察に6年以上も通っていただいたというご縁を頂いておりました。

心臓については「持病」というほどのものでは決してありませんでした。

今朝はフジテレビの「特ダネ」で急逝された岡江久美子さんについてコメントさせていただきました。

コロナ肺炎は本当に怖い病気です。あらためて認識しました。

1月以来、お会いしていませんでしたが、報道される経過をみると、どこかの時点で医療が介入することで救命できたのでは?と残念でなりません。番組では現在、普段であれば助けられる救急治療が必要な患者さんの治療が圧迫されている現状を報告させていただきました。私の専門分野では、突然発症する心筋梗塞や急性大動脈解離の患者さんです。「今の時期、急性大動脈解離にはならないでください!」などと言っても無理な話です。バカげたマスクを配って喜んでいる政府やどこで何をしているか、姿と全く見なくなった政治家、議員など全くあてにはなりません。どうかみなさん、皆さんが自分で頭で考えて、皆さんの力でこの難局を乗り切るしかありません。

さて、この状況でいろいろなものが止まっています。観劇、ライブ、宿泊、イヴェントなど、解除されても、以前と同じ状況にはもう二度とならないでしょう。皆さんのおサイフもカラだからです。「どうしてくれるんだ!」と誰に向かって叫んでも「みんなそうだよ!もう終わりだよ!」

そうなると必要なことは「変容」しかありません。社会の大きな変化に応じて、自分たちも変わる必要があります。

新しい世界には新たな光り輝く道が繋がっているはずです。悲観せず、あわてず、じっくりと見据えるしかないと思います。

使役労働

「調子が悪いならお前、会社休め!でも絶対に検査受けるんじゃねぇぞ!もし陽性だったら即クビだ!」

こんなふうに言われている会社員が巷にあふれているとしたら、パチンコ屋さんの営業を止めてもらったとしても感染拡大抑止は見込めません。厚労省も「自宅で死んじゃった人の検査は正確じゃない、とか、あのバカげたアベノマスクを絶賛してくれているアホな御用学者にでも頼んで発表してもらおう」などと企んでいるかも知れません。どこまでもずるい奴らですから。

それにしても、お勤めの方の多くが「熱が出てフラフラだ。検査して陽性だったら大騒ぎになるなぁ。部長も『感染するのは自己責任だ!感染したらそれなりの責任は取ってもらうぞ!』とか言ってるしなぁ。」

これで自宅待機中に死んだらまさに「忖度死」です。「会社の名前にキズがつかないようにって、自宅で即身仏になったそうな、南無~」などと会社が顕彰してくれるはずはありません。多くの方がそんなつらいつらい立場にいらっしゃるのではないでしょうか。

ある時期が来たらこういった「使役労働」があちこちでおこなわれていた、というとんでもない話が明るみでてボコボコにされる経営者が続出するのかも知れません。医療施設でもそういう環境があった、という話にはならないよう、祈ります。

パート募集

当院では、医療事務、看護師、臨床検査技師、放射線技師を募集いたします。
ご応募の方は、採用担当へまずはお電話ください。

採用担当:相馬
連絡先:045-717-5126

交通アクセス

新横浜ハートクリニックは新横浜駅に隣接しています。横浜線、東海道新幹線、横浜市営地下鉄の改札口を出て、雨に濡れることなくクリニックの一階入り口までアクセスできます。新横浜ハートクリニックは東海道新幹線のホームと横浜線のホームの織り成す狭角に挟まれた部分に立地する新横浜ビルディングの2階と3階フロアーにあります。

当院では、「予約診療」を行っております。
はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。
一般の診療はすべて保険適用です。

お問い合わせ・予約受付

tel:045-717-5126
午前 -
午後 -
【診療時間】
AM 9:30 - 13:00(~12:30受付)
PM 14:30 - 18:30(~18:00受付)
休診日:金曜日・祝日

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町2865
新横浜ビルディング2F・3F

JR新横浜駅中央改札口から徒歩1分。