心臓病治療なら新横浜ハートクリニック

循環器内科/心臓血管外科
心臓リハビリテーション科

受付時間[金曜・祝日休診]AM    9:30 - 12:30PM 14:30 - 18:00

予約優先

tel:045-717-5126

Dr.ナブチの「題汨羅江」

マスコミの役割

マスコミはいろいろなニュースを伝えてくれますが、肝心なところは教えてくれません。

大学入試の新試験の話はとん挫しましたが、潤うはずの民間業者が既に支払ったワイロがあるとするなら、奴らは返金するのでしょうか?準備した文部科学省官僚の天下り先はそのまま確保されるのでしょうか?

不採算の斜陽液晶パネル部門を寄せ集めて作った敗戦処理会社では100億円以上が「溶けた」らしいとの報道ですが、おそらくその数倍が溶かされたのでしょうが、また犠牲者が出るのでしょうか?

「桜を観る会」の60番代で招待された人たちは皆、実は既に公安警察などからすでにマークされていた人たちなのでしょか?

「えっ!オレの招待状、60番代だよ。やばい!公安にマークされてるのかなぁ。特捜?国税?麻取?入管?消費者庁?」

いろいろな疑問を残したまま今年も終わって行きます。

天下り天国

行政の事務次官が天下り先で副社長になり国政の情報は後輩たちからダダ洩れ!

前代未聞っていうけどバレたのが前代未聞でこんなことは日常茶飯事なんでしょう
ね。

それにしても老人をだまして食い物にした反社会的勢力・日本郵政は今後も存続し続
けるのでしょうか?

唯富民ハ殷ンナルモ存恤ヲ知ラズ。権門ノ猖獗甚ダシク奸臣日々ニ命ヲ竊ム。豈誰カ
之ヲ誅スルナカラメヤ。

「逍遊餘歓」

医療消費者の心得

去る12月7日明治学院大学が生涯教育の一環として行っている「チャレンジャーズ・コミュニティ大学」というので講演させていただいた時の要旨です。

「医療消費者の心得」

 長年、医師として保健医療制度と一般社会の権威崇拝という「心性」にぶら下がって生きてきました。一方の医療消費者である患者さんも社会の制度の恩恵を大きく享受していると思います。しかしこの「二本の大樹」にとりついて甘い樹液をすって繁殖する天下り官僚という名の害虫もいます。

 さて、人は皆、健康に不安があります。

「なにかあったらどうしよう」

こういう時は救急隊員に任せるべきです。何が起こったかわからないからです。この瞬間の誤った判断は命とりです。有能な医者もいますが、専門違いの医者、不埒な医者、保身第一主義のそこいらへんの官僚みたいなクズ、どれに当たるかわかりません。一刻も早い応急処置と検査機器を用いた正確な診断が命を救います。

 昨今、「上級国民」なる言葉がささやかれ、政治権力に対する激しい不信感が醸成されています。バクーニンの曰く「あらゆる権力は暴政を招く」のですが、そんなふうに権力から庇護される、例えば「裁判所の逮捕状を首相官邸からの電話一本で警視庁の刑事部長が握りつぶしてしまう」話は実際にあるのでしょうか?大切なのは自ら自分の周囲を冷静にマネージメントすることだと思います。今後さらに騙される人は増えます!かんぽ生命の勧誘の手口で明らかなように、甘い囁きを絶対に信用してはなりません!

環境破壊はアパルトヘイト

環境問題を考える国際会議で

「環境破壊はアパルトヘイトだ!」

という意見が出され注目を浴びています。

えらいことです。そういう見方になると問題解決というか世界中の人々の問題点の理解が一気に進むのではないか、と危惧します。

つまりエライ人たちにとって「バレちゃった!でも戦争も経済も政治も、結局そういうことなのよねぇ。今頃気づいたの?」ということなのでしょう。「法律とは不埒な下層民から富裕層の権利を護るためにある」トーマス・ルフロイ(「高慢と偏見」のダーシー様のモデル!)

今日の朝日新聞には辺野古の米軍基地問題を無視、愚弄、隠蔽、侮辱、差別、汚い裁判闘争、県の条例一切無視、する政府の対応を指摘する文章が載っていましたが、こちらも「アパルトヘイト」と理解する人もいそうです。住民投票や国政選挙などことごとく「やめて頂戴!」と沖縄の住民が叫んでも「丁寧に説明しました」「えっ?いつ?誰が?いつ説明したの?」で押し切る暴政で本当に国益が守られるのでしょうか?

パート募集

当院では、医療事務、看護師、臨床検査技師、放射線技師を募集いたします。
ご応募の方は、採用担当へまずはお電話ください。

採用担当:八木
連絡先:080-6712-4618

交通アクセス

新横浜ハートクリニックは新横浜駅に隣接しています。横浜線、東海道新幹線、横浜市営地下鉄の改札口を出て、雨に濡れることなくクリニックの一階入り口までアクセスできます。新横浜ハートクリニックは東海道新幹線のホームと横浜線のホームの織り成す狭角に挟まれた部分に立地する新横浜ビルディングの2階と3階フロアーにあります。

当院では、「予約診療」を行っております。
はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。
一般の診療はすべて保険適用です。

お問い合わせ・予約受付

tel:045-717-5126
午前 -
午後 -
受付時間AM 9:30 - 12:30 PM 14:30 - 18:00 休診日金曜日・祝日

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町2865
新横浜ビルディング2F・3F

JR新横浜駅中央改札口から徒歩1分。