心臓病治療なら新横浜ハートクリニック

循環器内科/心臓血管外科
心臓リハビリテーション科

【診療時間】AM    9:30-13:00(~12:30受付)PM 14:30-18:30(~18:00受付)

予約優先

tel:045-717-5126

Dr.ナブチの「題汨羅江」

路線継続

じいさんたちの談合でこれまでの路線が継続されるようです。
「のび太君」外交、「官邸官僚」の忖度行政、沖縄民意無視、そして森友加計サクラ完全隠蔽。
「アベノマスク」や「GoTo」など「これでもかこれでもか」と国民はなめ切られていますが、政権は安泰ということなのでしょう。平和な国です。
今度の首相には中華民国台湾省の台北を訪問して欲しいですね。

視線誘導

夜な夜な政府要人と接待マージャンして記事を取っている情けない大新聞を見限って最近毎日新聞を購読しています。硬派な論説が並んでいて、今一番おもしろいのではないでしょうか。
今朝の毎日新聞の京都大学の歴史学者・藤原辰史氏の記事は圧巻でした。
コロナ禍で露呈した社会の歪み、各国政権が如何に大衆の「ねずみ」を抑圧してお金持ち優先の社会を維持するか、情報交換している!
その圧政の先鋒がマスコミ。マスコミが愚民の視線を、さして重要ではないオリンピックや将棋や芸能ニュースにくぎ付けにして、さらに愚かな民に落とし込む一大キャンペーンが展開されています。
確かに昼間の7割がいわゆる「情報番組」でその内容のほとんどが芸能、スポーツ、生活。
財務局職員自殺、森友や加計、桜を観る会や法務大臣贈収賄事件、厚生労働省幹部子弟裏口入学事件など全く素通りです。広島の国政選挙の贈収賄事件では、贈賄側だけなんとか逮捕されましたが、総額2000万円もらった収賄側がお咎めなし!物的証拠なしに10万円収賄容疑で逮捕拘留された美濃加茂市長の冤罪事件とは比べる術がありません!めちゃくちゃです。
辞めていく首相に、どっかのバカ記者が「悔いはありますか?」などと声をかけていましたが、そうじゃないでしょ!「自殺した財務省の職員にはこのまま何も説明しないんですか?」と尋ねろ!
ある友人が
「接待マージャンで結局、年末当たりの検察の動きを探ってたみたいよ。それで除夜の鐘と共に『ゴーン』ていうふうに海外に逃げられたそうで。これを小説にしようとしたら『こういうのは今はダメ筋!』て言われたんだよねぇ」
この国は社会のどこもかしこも権力に隷属、複縦、忖度をかかさない、お行儀のよい優等生『愚民』なのです。

首相やーめた!

首相がまた「やーめた!」。

勘違いしたモグラ議員や口が曲がったじいさんとかが張り切っているようですが、「えっ!?あんなのがまた首相やるの?もうちょっと世間体というか、子供があこがれるような、外国行っても少しは胸を張れるような、そういう人にやってほしいけど無理かなぁ・・・」

利権政治家には好都合でも、国民が日本人を辞めたくなる人には絶対になってもらっては困るんですけど、最近の携行で受験勉強を一回もやったことがない英語もできない人の中から日本の首相は選ばれるようで、そういう条件を満たすのはやっぱりあの最悪の人が首相になるのでしょう。国民はしばらく耐えるしかありません。

願わくば、ただただ何もしないでいて欲しい!これが国民の総意です。でもダメでしょうね。お金持ちにだけお金が行くように、またやるんでしょうね。

Go To NG!

Go to トラベルは誰が見ても第四パイ、というか大失態!両行関係の企業の4割しか申し込んでいない、つまり相手にしなかったとのことです(6割はキャンペーン不参加!)。コロナ禍で「プロジェクトNG」が連発される中、また新たな足跡が残されました。原因はやはり「族議員」と「無責任官僚」のでたらめ政治ということなのでしょうか。しかしマスコミは権力が怖いから批判しません。放送免許や税務調査で脅されるからでしょうか?

それともう一つ誰も言わないのが、ウィルス感染第二派の原因は「アベノマスク」に付着していたウィルスがなのでは?という疑念です。髪の毛やゴミが入っていたり汚れていたり。お隣の国では輸入食品も厳しくPCR検査を行っており、南米から輸入された冷凍エビの包装からウィルスが検出されたとの報道が以前にもありました。

政府が動いてワクチン接種を始めたら、効果の有無もさることながら副作用の問題が必ず発生することでしょう。行政の皆さんは皆さんなりに頑張っておられるのでしょうが、現場と解離していたり、ごく一部の偏狭な意見に動かされたり、良い結果や社会の評価につながらないのが常です。

これからは、政府は何もしない、というのが正解ではないでしょうか。

この鉄則は政権が代わっても同じだと思います。

パート募集

当院では、医療事務、看護師、臨床検査技師、放射線技師を募集いたします。
ご応募の方は、採用担当へまずはお電話ください。

採用担当:相馬
連絡先:045-717-5126

交通アクセス

新横浜ハートクリニックは新横浜駅に隣接しています。横浜線、東海道新幹線、横浜市営地下鉄の改札口を出て、雨に濡れることなくクリニックの一階入り口までアクセスできます。新横浜ハートクリニックは東海道新幹線のホームと横浜線のホームの織り成す狭角に挟まれた部分に立地する新横浜ビルディングの2階と3階フロアーにあります。

当院では、「予約診療」を行っております。
はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。
一般の診療はすべて保険適用です。

お問い合わせ・予約受付

tel:045-717-5126
午前 -
午後 -
【診療時間】
AM 9:30 - 13:00(~12:30受付)
PM 14:30 - 18:30(~18:00受付)
休診日:金曜日・祝日

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町2865
新横浜ビルディング2F・3F

JR新横浜駅中央改札口から徒歩1分。