心臓病治療なら新横浜ハートクリニック

循環器内科/心臓血管外科
心臓リハビリテーション科

【診療時間】AM    9:30-13:00(~12:30受付)PM 14:30-18:30(~18:00受付)

予約優先

tel:045-717-5126

Dr.ナブチの「題汨羅江」

外務省、「夫婦別姓国連勧告」二年間放置!その時「有識者」は?

何がなんでも政府は夫婦別姓を認めないようです。

国連の女子差別撤廃委員会は二年も前に女性が旧姓を維持できる法改正など日本政府に勧告して意見を求めていたそうですが、外務省でおそらく巧みな補法で責任者がぜったい出てこないようにいつものやり方で、二年間も握りつぶしていたそうです。外務省のお役人さんには「これを隠しておけば政権から『よく二年間も隠し通しましたね。おりこうさんでした!』で4月の栄転間違いなし!将来は内閣府にも入れるかも!天下り先もボロいぞ!」と意気揚々、明白な動機があったと想像されます。そういう情けない「木っ端役人」はいくらでもいるでしょうからどうでもいいのですが、「内閣府の有識者会議にも報告されなかった」との報道もあります。この「有識者会議」の「有識者」の皆さんはどういう点で「有識者」だったのでしょうか?「知ってたけど知らないふりをした」「わきまえた人たち」だったのか?英語も読めない国際情勢に全く接することもない『国連ってナニ?ジャガイモの通販の?あっ、あれはホクレンか!』みたいな「憂識者」だったのか?誰がどんな基準で誰によってどういうふうに選ばれたのか、ものすごく興味があります。でも幼稚なメディアはこのニュースをぜんぜん掘り下げることはないんでしょうね。この国というかこの社会のしくみの根幹の問題だという認識を持つべき部分だと思うのですが。

今の日本列島、人材は徹底的に枯渇しています!

それにしても「きたあかり」、おいしいですよ!

いきなりのボケには突っ込めない!

最近の国会審議ではよく受けを狙ってボケる答弁が散見されます。
先日も総務省の鈴木課長が、答弁に立つ直前に総務大臣から「記憶にないって言え!」
と恫喝されていながら、それが問題視されて
「大臣からの指示に逆らえなかったんじゃないですか?」と尋ねられ
「頭の中が真っ白で、何も耳に入りませんでした」とお答えになって、いい間で次の「っと言えと言われました」というオチを仕込んでおいたの、ちょっと間が長くて野党議員がかぶって来たのでオチが言えず、大爆笑がとれなかったと思われます。
今日も、自民党の安倍内閣の法務大臣が選挙で買収を認めて、自民党の幹事長が『他山の石として』などと大ボケをぶちかましたのに記者はぜんぜんつっこみません。
吉本新喜劇なら全員がコケルところです。
「なんでやねん!どこが『他山』やねん!自民党の議員で大臣が当の金で買収したんやろ!」
どこのメディアも政治部の記者がぜんぜんセンスが悪いと思います。
などと言ってる私も今日はいきなりのボケにつっ込めませんでした。
部屋に女性から電話がかかって来て
「夫が弁膜症で、感染性心膜炎と言われてある病院に入院しているのですが・・・」
という相談だったので、一通り一般論を説明すると女性は
「どうもありがとうございました。ところでオタクはなんという病院ですか?」
いきなりのボケに、「うっ!ここはつっ込まなアカン!しかしどうつっ込んだらいいか・・・うー」
何も言えませんでした。
銀シャリの橋本直さん、よしもと新喜劇の川畑泰史さん、マジカル・ラブリーの村上さんの芸をみてもっと勉強して実践に仕えるようにしたいと思います

お前らギャグか!

大震災から10年。惨事の記憶をとどめ置くことで明日が開ける!というふうな言説がささやかれています。
原発メルトダウン隠蔽、放射能単位錯誤誘導報道、などなど数多の稚拙な権力側の悪辣な手口こそ人類が絶対に忘れてはならない「事件」です。
しかしもう忘れ去られているのではないでしょうか?
裁判官も家族がいて、4月の移動で沖ノ鳥島支所転任を嫌がったのでしょうが、裁判所が住民の伊方原発稼働差し止め請求を却下しました。伊方原子力発電所が中央構造線の真上にあるというのは小学生でも知っていますが、地震学的に言うと、中央構造線の近くには「中央構造線断層帯」という、聞くだけでも恐ろしい地震の発生源があることが高知大の研究で示されています。
M8程度の大地震が起こり得る科学的知見に基づく伊方原子力発電所稼働差し止め裁判は、先の大震災から10年以上前の、なんと2000年に提起されているのです。それ以来「自然無為」の摂理の前に、何度も何度も不毛な議論が繰り返され、時間と税金と準備書面の紙資源が膨大に無駄に浪費されて、そして3月18日、裁判所は原子炉の運転を許可する判決を下しました。
これってギャグなんでしょうか?
SDGsとかいうことがささやかれています。
「皆さんは持続的に発展していく社会の実現に何ができますか?」
などと問いかけが各方面で、特に若者に対して投げかけられているようですが、上部構造からの庶民に対するこういった問いかけは「原発やワイロ役人とどう共生して人々が永続的に安定して搾取され続けるか?」
というふうに聞こえます。
「保身裁判官を住民投票で選定して吊るし上げて『七か所村支所』に飛ばす!」
こんなことはできません。
これからはHGウェルズの『タイムマシン』で描かれる知的で上品な不労種族イーロイと奴隷種族のモーロックに二分される社会になって行くのでしょうか?
ちなみにイーロイ(Eloi)の語源は『エドモンダンテス(巌窟王)』のエロイーズ(Héloïse)ではないかと私は勝手に夢想しています。ウェルズも『巌窟王』を読んで、あまりにも多数の登場人物のなかで、きっとエロイーズの一途な生き方に心を惹かれたのではないでしょうか。
「晴れの日もあれば雨の日もある。それぞれに私はその日を生きるのです。」

自民党が「ワクチンは殺人兵器!」

自民党の議員が

新型コロナウィルスは『闇の勢力』がずいぶん前から準備していた。
ドローンで世界中に散布する計画が実行された。
人類初の遺伝子組み換えワクチンを『殺人兵器』として全人類に強制的に摂取させ、人口をコントロールするつもりだ。
と2021年2月22日の活動報告書で発表し、一万人以上の一般市民に配布したとのことです。

斉藤議員の言う『悪の勢力』は自民党の長老老害軍団のことなのか、表向きは大手広告代理店をやっていてオリンピックや政府事業で「濡れ手に粟」で大儲けしている「集団」のことなのか、富士山麓に富士山大噴火の火砕流にも負けない未来都市を建設しようとしている「大富豪」様たちのことなのか、ピンときませんが、六期も当選を重ねていらっしゃる自民党ベテラン議員の公式なご見解ですからその真意に社会が大変な関心を寄せていることでしょう。

日本にもヘビメタの恰好をした教祖様がいて、富と利権を独占する『闇の勢力』の専横打倒に動き出しているとしたら大歓迎です!

それとも「やっぱワクチンたんねえぞ。やっばいなぁこれ・・・。デマで世論操作して『ワクチン打つのヤダ!』とかいう奴をちょっと増やしとこう。」

というただの政権与党のあさはかなたくらみなのでしょうか。

いろいろな人がいておもしろいですね。

オリンピックと『闇の勢力』の関係ってどうなんでしょうね?

パート募集

当院では、医療事務、看護師、臨床検査技師、放射線技師を募集いたします。
ご応募の方は、採用担当へまずはお電話ください。

採用担当:相馬
連絡先:045-717-5126

交通アクセス

新横浜ハートクリニックは新横浜駅に隣接しています。横浜線、東海道新幹線、横浜市営地下鉄の改札口を出て、雨に濡れることなくクリニックの一階入り口までアクセスできます。新横浜ハートクリニックは東海道新幹線のホームと横浜線のホームの織り成す狭角に挟まれた部分に立地する新横浜ビルディングの2階と3階フロアーにあります。

当院では、「予約診療」を行っております。
はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。
一般の診療はすべて保険適用です。

お問い合わせ・予約受付

tel:045-717-5126
午前 -
午後 -
【診療時間】
AM 9:30 - 13:00(~12:30受付)
PM 14:30 - 18:30(~18:00受付)
休診日:金曜日・祝日

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町2865
新横浜ビルディング2F・3F

JR新横浜駅中央改札口から徒歩1分。