心臓病治療なら新横浜ハートクリニック

循環器内科/心臓血管外科
心臓リハビリテーション科

【診療時間】AM    9:30-13:00(~12:30受付)PM 14:30-18:30(~18:00受付)

予約優先

tel:045-717-5126

Dr.ナブチの「題汨羅江」

川柳

第一句「つゆぞらに 屁みたいなのは お前だよ!」

内閣官房参与とかいう、「屁みたいな」立場の人が屁みたいな発言して屁みたいに陳謝して。そんなどうでもいいことを屁みたいに報道する報道機関の記者も屁みたいですね。

でもこの「屁みたいな首相と屁みたいな取り巻きによる屁みたいなコロナ対策」といった趣旨の指摘には大賛成です。表現の方法としては「ビチグソみたい」とか「動物園のゴリラが投げるウンチみたい」とかもっとわかりやすい、国民の総意を代弁する強烈なな表現が欲しかった気がします。

第二句「つゆぞらに 皇軍出動 本土決戦」

いよいよ帝都とたんつぼ市で皇軍将兵が出動してワクチン接種が始まりました。注射針でまさに「打ちてし止まん!」 一日百万人を達成しなければなりません!

まさにオリンピックで世界中の変異株が押し寄せようとも神州不滅、本土決戦で敵殲滅に士気揚々です!

一方、大坂ではお年寄りがさぞかし慶んでおられることでしょう!

「これでたこ焼きにソースの代わりにイソジンをかけて食べんでもようなる!」

「お好み焼きもイソジンやのうて、ちゃんとソースかけて食べられるがなぁ!生き返るわぁ!」

「なんせ大阪府知事の兄ちゃん、イソジン好っきゃさかいなぁ!」

第四句 「つゆぞらに オリンピックの是非論 忘れてよ」

「まだやってるの?あの話題。結局のところ妬ましいわけ?うらやましいんでしょ!誰が得するの?バカみたい!」

何だか執拗に変質的週刊誌に追いかけられている親子がいますが、弱いものイジメに終始しているだけの報道に強い嫌悪感を覚えます。ほとんどの若者が気にも留めない、犯罪者でもない人たちのアラを探しまくって紙面を埋める報道に、公益性ってあるのでしょうか?反社みたいな面した財務大臣とか、すっとぼけた首相とか、不眠症の選対委員長とか、黒幕幹事長とか、ぶっ叩くべきはいっぱいるはずです。強い相手には週刊誌も何もできないのでしょう。

それともこの集団いじめは政府の陰謀なのでしょうか?それなら合点がいきます!

政府は強行することが決まっているオリンピックの是非や意義についての議論を封殺しようと、国民の関心をよそに向けるためのネタ探しに必死なのかも知れません。

ところが「ニューヨークの司法試験を受験するようだ、どうしたこうした」の一つしかないので、これだけではもはや国民の関心を引き付けることはできません。

「あのじいさん、やばいぞ!本土決戦に持ち込むつもりだ!オリンピックを本当にやるつもりだ」と国民は今、ドン引きしています。

そんな状況ですからとにかく別にあと一人か二人、どっかから新しいスケープ・ゴートを見つけてきてぶっ叩いて、国民の関心をそっちに持って行くつもりなのではないでしょうか。

薬中タレントがまた一人、いや複数人、血祭りにあげられるなるのでしょうか?

川柳

第一句 「つゆぞらに いつ落ちてくる タイガース」

コロナ禍で将来が見渡せません。大阪人はもっと不安な毎日を過ごしているでしょう。

「まだ首位やんけ!いつ落ちて来んねん?」

「前評判もたいしたことなかったし、こんなに強いのおかしいでぇ」

「次の巨人戦で三連敗して、それからガタガタっとなって定位置に落ち着くんとちゃう?4位とか5位とか、ベッタの横浜は盤石やろけど」

「早いことそうなってもらわんと・・・大阪の人間はみんな落ち着かへんでぇ」

「ホンマや!ケツこそばてしゃあないわ」

第二句 「つよぞらに シャローム中山 遅刻する」

防衛副大臣のシャローム中山氏が委員会に遅刻して委員会は流会になった・・・という事実がNHKで報道されません。NHKがこの政府側の失態を報道しないのですから、これは政権にとって大問題なのでしょう。どこまでも姑息なNHKです。NHKに騙されてはいけません!NHKのアナウンサーを装った詐欺が横行しています。「こいつらは詐欺だ、地方に飛ばされないように国民が知るべき大事な報道を隠している!」と思ったら週刊文春に通報しましょう!

第三句 「つゆぞらに 種を保存する 自民党」

LGBTQは「種の保存」に背いている、との自民党の御見解です。世界人類を敵にまわす、と言うか、人類社会の潮流に真っ向から対決しようとする勇気あるご主張ですが、海外からは嘲笑の嵐でしょう。ちなみにこの地球上ではこれまで平均6000万年で種は絶滅していて、現在の地球上でそのあたりにいるのは人類と馬、などと指摘する説もあります。

しかし、自民党が「保存しようとしている種」とは特定の業界に寄生する「族議員」のことではないでしょうか。ならばわかります。なるほどそういうことなら致し方ない、と理解できます。「防衛族」や「携帯電話族」は隆盛を極めているようですが、「撚糸業界」「砂利運搬業界」「グリーンピア族」等、既に絶滅した「種族」もあれば、「パチンコ族」「風俗族」「反社族」のようにコロナ禍で青色吐息に陥った業界に寄生する絶滅危惧種もあります。

ところで日本医師会幹部が金集めしている自見はな子さんなんかも典型的族議員と言えるのでしょうが、絶滅危惧種なんでしょうか、反対に「コロナ禍どろぼう」なんでしょうか?

注:「反社族」とは、例えば財務大臣そのものが「反社」に見える、「反社でしょ、あの下品な態度」とか言われているところの「反社」ではなく、「反社」から毎年暮れに段ボールに入った一万円札が自宅に届く議員のこと、をさします。

川柳

第一句 『つゆぞらに 事実報道 ご法度に』

1918年8月、寺内正毅内閣はロシア革命の混乱に乗じて英仏米の要請もありシベリア出兵を決定します。

この情報をいち早くつかんだ悪徳商人どもによる米価の高騰を見越した買占めで、米価は高騰し「米騒動」が富山を皮切りに全国で発生します。

この擾乱を1918年8月5日付け朝刊で一早く報じた『大阪朝日新聞』と『大阪毎日新聞』を政府は発行停止にします。結局、全国の165紙が発禁となりました。

事実の報道は混乱を招く、ということなのです。今後も、ワクチンの副作用、ワクチン無効説、首相のスキャンダル、奴隷役人隠蔽指示憤死事件、など正直に事実を報道した新聞社が「あそこは愉快犯!」と政権から侮辱され、発行を差し止められる時代が来る気がします。

第二句 『うゆぞらに 披露宴増やして どうすんの?』

政治家のバカ集団が少子化対策のために「披露宴」を増やすのだそうです。

披露宴をふやせば子供が増える

と言う発想は狂気の沙汰です。

今回、アホ議員どもは「未婚の国民が結婚して子供を作ろう」と思った瞬間は、アンケート調査では30%の人が、友人の結婚披露宴に参加した時、というのを根拠にしているようです。でも若い人にアンケート調査して「未婚の国民が結婚して子供を作ろうなんて気には是隊になれないと思った瞬間はどんな時ですか?」というあんけーとはしなかったのでしょうか?そこに「友達の結婚披露宴に招待されたとき」という回答も50%ぐらいあるはずです。ならば「結婚披露宴で出生数はかえって低下するんじゃないか…と仮定できます。

もちろん、披露宴が増える状況とは結婚数が増える状況で、出産数の増加にもつながるでしょう。

そもそもこれって、

コロナと共に過ごさなければならなくなって披露宴の需要に変化が起き、結婚するからと言って必ずしも今まで通りの披露宴を実施する新婚夫婦が同数いるとは思えません。

何で披露宴やらなきゃいけないの、とか、今までとは違う結婚のセレモニーってあるべきじゃない!というふうにマーケットはすでに変化しているかも知れない、と言う発想が微塵もない、相変わらずの「怪しい政策」です。

しかもコロナ禍で収入が減った国民の多くは、冠婚葬祭にお金使わなくていい世の中が来たのはコロナで良かった点だ!と思っていると思います。

出生数の低下は労働者の「生存賃金の低下」と、核家族化による「育児負担の増大」です。

バカな政治家が何かやると一億京パーセント、絶対に失敗します!おそらくものすごい逆効果でしょう。

日本消滅の危機です!何もしないでほしいと思います。

第三句「つゆぞらに 『九条護れ』は 虫の息」

憲法を変えた方がいい、と言う意見がアンケートでは過半数を占めるようです。アンケートですから、こういう数字はきっと佐賀県かどっかで、学生アルバイトが動員されてねつ造された数字なのでしょうが、やっぱり「戦争放棄」は利権政治家の思惑通りに、放棄されてしまうのでしょうか?

でもやっぱり改憲して

『憲法第一条 首相の夫人は公人である。』

ってしてほしいなぁ。

第四句「つゆぞらに やっぱりインチキ ジェネリック」

患者さんでジェネリックをいやがる人が増えてきました。

やっぱりインチキ、薬九層倍、の世界だったようです。

つまりクスリとして飲まされているのは、

そもそも有効とされる「成分」の薬効は、ねつ造、でっち上げデータで創られたもの?
仮に有効な成分があったとしても、実際の製品にその成分が含まれているのか、信用できない。
今目の前にあるクスリより、ハナクソの方が効果があるかも知れない。
政府がやたら勧めるジェネリックなのだから、どうせワイロが動いているに違いない。絶対に、信用できない。
第五句 

「つゆぞらに 一億五千万 知らないよ」

過去の参議院選挙で広島県で自民党側から立候補した二人の候補者のうちの一人だけに一憶5千万のお金が自民党本部から支給された、とされています。もう一人の候補はたしか300円ぐらいだった?と報道されていますが、「誰が支持して国民の税金が原資となった政党のお金をそんなふうに依怙贔屓して配ったのか?カバチタレんなよ!」とメディアは関心を持っているようですが、どうせあいつらかばい合ってバラしません。「一憶5千万は買収資金には使っていません」ともらった側も主張されています。そうなると、国民の知りたいのは一憶5千万を「何に使ったの?」です。選挙は金がかかる、と言われていますが、「何にそんなにお金がかかるの?」は国民永遠の疑問です。

「お金は貯めるより使う方が難しい」

私のような正真正銘の下層の庶民はそう思います。ちょっとぜいたくしようものなら「あんなのに使うんじゃなかったぁ、なんてバカなことしたんだぁ・・・」とその夜は眠れません。「一億千万円を三か月で使え!」と命令されたら、もう生き地獄の世界です。アルバイトの学生を集めて38万人ぶんのリコール署名運動に使う・・・だとありでしょうか?

一憶5千万円を38万で割ると400円です。「一人の署名当たり400円払うから」はあり得る話です。えっ!?これは決して触れてはいけない話題!?おっそぎゃーおっそぎゃー!

川柳

第一句 『つゆぞらに 署名偽造で だちかんぞ』

でぇーりゃー おっそぎゃー とこだっち。

偽造を告発した尾張氏の水野昇さんは今回逮捕された事務局長に刑事告訴されたとか。

「御真影を燃やすのはあかんがな。知事のんやったら・・・」

どういう勢力がかかわっているのでしょうか。

おっそぎゃー事件ですばい!

第二句 『つゆぞらに アラガキじゃなく アラカキよ!』

うちなーに「アラガキ」は一人もおらんと!ありゃ「アラカキ」じゃい!ヤマトは「アラガキ」「アラガキ」言うけん、そのままにしとるけんど、ホンマは「アラカキ」ですばい。

第三句 『つゆぞらに 大本営は ひた隠し』

ワクチン接種の防衛省の管轄会場で、架空の番号でも接種予約が登録できてしまうという、公益満載の「事実」を報じた新聞を「愉快犯!」と揶揄するふざけた自民党政治家がいました。

こんなものは防衛省が広く国民に発表すべきでしょう。しかし、自分たちのミスはすべからく「防衛機密」のようです。

本当のことは何があっても絶対に国民に知らせてはならない!

そうでなければ戦争なんてできないのでしょう。

隠す、ごまかす、ねつ造する

奴らと付き合うとき、これが行政の王道と国民は理解すべきです。

次の戦争も国民が知らない間に始まって、

「え、え、え、?いきなり全権委任法、国家総動員法、治安維持法? どこと戦争しているの?それだけでもいいから教えて!」

ジョージ・オーウェルの『1984』さながらの世界が展開しているようです。

パート募集

当院では、医療事務、看護師、臨床検査技師、放射線技師を募集いたします。
ご応募の方は、採用担当へまずはお電話ください。

採用担当:相馬
連絡先:045-717-5126

交通アクセス

新横浜ハートクリニックは新横浜駅に隣接しています。横浜線、東海道新幹線、横浜市営地下鉄の改札口を出て、雨に濡れることなくクリニックの一階入り口までアクセスできます。新横浜ハートクリニックは東海道新幹線のホームと横浜線のホームの織り成す狭角に挟まれた部分に立地する新横浜ビルディングの2階と3階フロアーにあります。

当院では、「予約診療」を行っております。
はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。
一般の診療はすべて保険適用です。

お問い合わせ・予約受付

tel:045-717-5126
午前 -
午後 -
【診療時間】
AM 9:30 - 13:00(~12:30受付)
PM 14:30 - 18:30(~18:00受付)
休診日:金曜日・祝日

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町2865
新横浜ビルディング2F・3F

JR新横浜駅中央改札口から徒歩1分。