心臓病治療なら新横浜ハートクリニック

循環器内科/心臓血管外科
心臓リハビリテーション科

【診療時間】AM    9:30-13:00(~12:30受付)PM 14:30-18:30(~18:00受付)

予約優先

tel:045-717-5126

Dr.ナブチの「題汨羅江」

専門家会議報告書

専門家会議の報告書の文言が政府の指示で書き換えられた、と言う報道がありました。「症状がない人でも他人に感染させている…云々」が削除されたとか。

これには驚きました。まるで専門家会議の報告書が専門家会議で決議されて、それを政府が都合よく修正したような話です。騙されてはいけません。これはあからさまな偽装です。普通、こういった専門家会議でははじめから報告書は出来上がっていて、会議の内容など一切反映されません。原子力安全委員会、地震予知、防災、などなど。住民説明会でも「主だった反対意見は出なかった」など実際の会議はアリバイに過ぎず、報告書は既に出来上がっているのです。今回の書き換えは、自分らで作った文章を「あっ、この言葉やばいからやっぱ変えよ」と訂正したに過ぎないと思われます。みんなそのことを知っているので問題視されて報道されていないのでしょう。今の専門家会議が解散されてまた別の専門家が集められるのでしょうが、ごくろうさんなことです。

満員電車ってどうなの?

「感染は収まった?」「いやまだ早い!」そんな今日この頃ですが、テレビを観ているとフェイスガードをつけて合唱の練習をする中学生が紹介されたり、やはりフェイスガードをつけてメイド喫茶で踊っているお客や店員さん、極めつけは野球場や演奏会場で観客が離れて着席させられる場面など、「なんじゃこりゃ?!」という印象です。みなさんも同じでしょう。

「そんなに感染に気を付けるんだったら、満員電車はどうなの?あれこそ『三密』をとおりこして『惨密』でしょ。」

とか言うと、どっかのバカが「満員電車では感染は起きないようです。統計上」

だったら合唱の練習で感染った人いるのでしょうか?と言いたいのところですがそっちより、満員電車の方がなんとかならないものでしょうか。新型コロナウィルスだけじゃなく、疥癬や結核、エボラ出血熱など人との接触や飛沫でうつる厄介な病気は山ほどあります。電車もしっかりとソーシャル・ディスタンスを設けるべきです。でも山手線でそれをやるなら、電車の車両がたくさん必要で、本当に一周全部つながっちゃうことになるかも知れません。春日三球・照代さんのネタにありましたね。

スーパー・シティ

政府主導で各地にスーパー・シティという未来都市の構想が立ち上がっています。富士山大噴火の大火砕流の対策も完備されている「スマート・シティ」構想がすでにある企業から発表されていますが、役人どもはスーパー・シティでまた税金をがっぽりと自分の懐にため込むつもりなのでしょうか。いろいろな規制が緩和されるそうで、買ったものがドローンで届いたり医療も遠隔診療で済まされるとのことです。おそらく同時に選挙の買収はOK、賭けマージャンもOK、そして事業はすべて電通が請け負う、という構想なのでしょう。さらに役人どもの狙いはやっぱり天下り先の確保でしょう。しかし皆さん、心配はありません。シルバー・コロンビア計画、グリーンピア、そしてカジノ同様、必ず失敗する「プロジェクトNG」になることは間違いでしょうから!

一億五千万円の意味

じらしにじらされた法務大臣の国民に対する「ガス抜き」逮捕ですが、広島の選挙区の二人の候補に自民党はかたや一億五千万円、もう一方は千五百万?!10倍の差に世間はさぞかし驚いたことでしょう。依怙贔屓を通り越して嫌がらせとしか思えません。どういう「仕組み」なのでしょう。それにしてもそういうお金を政党はどうして持ってるの?そもそも何でそんなにお金が必要?やっぱり選挙って「お金を配って票を買う」ことなんですね。政権与党がこれですから大した「民主主義」です。だから「こんなにもらっちゃったってことはこれだけ『配れ』ってことだよな」とせっせと金をばらまいた法務大臣は「ふつうの国会議員」と理解されるべきです。

「もらっちゃったお金をいつも通りに使った」に過ぎないのです。

そういった日本の金権似非(えせ)民主主義の枠組みから考えると、一億五千万円を渡した政権側は

「あいつをはめてやろう。大金を渡せば買収が必ず露見するぞ!」

というエゲツない陰謀だったのかも知れません。

世の中って、誰が味方で誰が敵なのか、わかりませんねぇ〜。

パート募集

当院では、医療事務、看護師、臨床検査技師、放射線技師を募集いたします。
ご応募の方は、採用担当へまずはお電話ください。

採用担当:相馬
連絡先:045-717-5126

交通アクセス

新横浜ハートクリニックは新横浜駅に隣接しています。横浜線、東海道新幹線、横浜市営地下鉄の改札口を出て、雨に濡れることなくクリニックの一階入り口までアクセスできます。新横浜ハートクリニックは東海道新幹線のホームと横浜線のホームの織り成す狭角に挟まれた部分に立地する新横浜ビルディングの2階と3階フロアーにあります。

当院では、「予約診療」を行っております。
はじめての方でも、当日の電話で予約が可能です。
一般の診療はすべて保険適用です。

お問い合わせ・予約受付

tel:045-717-5126
午前 -
午後 -
【診療時間】
AM 9:30 - 13:00(~12:30受付)
PM 14:30 - 18:30(~18:00受付)
休診日:金曜日・祝日

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町2865
新横浜ビルディング2F・3F

JR新横浜駅中央改札口から徒歩1分。